趣味 de 自転車乗り

きわめて個人的な自転車生活の記録をつづるブログ

*

第三回霞ヶ浦一周の旅 一日目

      2020/10/17

個人的な夏の恒例行事となりつつある茨城県霞ヶ浦一周サイクリング。今年はちょっと遅くなったけど行って来た。

本当は去年一昨年と同様に行楽シーズンが本格化する前の7月中に行きたかったけど、仕事の都合上なかなか有給休暇が取れずに8月になってしまった。

一日目。雲がやや多めだけど天気は上々。前回前々回と同じく早朝に家を出て輪行袋を抱えて最寄り駅へ。

京成本線で成田へ向かい、JR成田線に乗り換え佐原で今度はJR鹿島線に乗り継ぎ、スタート地点の潮来駅に着いたのは午前8時半頃。気温はかなり上がり自転車の組み立てをしているだけですでに汗だくだ。

準備が整い潮来駅を出発したのは9時少し前。今回も土浦市で一泊するのでビジネスホテルを予約済み。チェックイン時間は余裕を見て午後4時で予約したので7時間後。走行距離は約80kmだから時間はたっぷりあることだし、今回もスピードが出過ぎないよう意識的に走ることにする。めったに来られないところを走るんだから景色を楽しまなくては勿体ない。

今回の装備。

真夏にリュックは背負いたくないので今回も着替えや折り畳んだ輪行袋は荷物はシートバックへ。加えて貴重品やら出し入れの多い小物などを入れたウェストバッグと、さすがに一泊の小旅行になると大荷物になる。

ちなみにシートバッグは一昨年最初の霞ヶ浦一周に備えて「TIMBUK2 ソノマ・シートパック」を購入し、その後しばらく使ってたんだけど、かなり前から「TOPEAK バックローダー」に替えている。

TIMBUK2を購入した当時はこの手のシートバッグを出しているメーカーが少なく選択肢がなかったんだけど、その後いろんなメーカーからも発売されるようになったこともあってTOPEAKに買い替えたんだけど、さすが後発の商品だけあってかなり工夫されていてTIMBUK2より使い勝手が良い。詳細は別記事で書く(かも知れない)のでここでは割愛。

タイヤとチューブは今回のサイクリングに備えて新調した。チューブはいつものコンチネンタルRACE28、タイヤは今回初めて購入した同じくコンチネンタルのUltra Sports2。フレームのランプレカラーのピンクに合わせてタイヤもピンクライン入りにした。

トップチューブに付けたフレームバッグには自転車を離れて歩く時用のチェーンロックとクリートカバーを入れている。

あとボトルはこの季節には欠かせない「サーモス ステンレスボトル」。

あと今回は「同じコースを走るから同じ映像にしか撮れないだろう」とウェアラブルカメラも付けていないので予備バッテリーの分も含めて軽装だ。

天王崎公園で写真を撮りつつ小休止した後、しばらく走ると「霞ヶ浦ふれあいランド」到着。まだ11時も回ってないけど早めのお昼ご飯にする。

一年ぶりの行方バーガーをいただく。

時間的余裕がかなりあるので長めに休憩して再スタート。

湖北端部の恋瀬川を渡って今度は南下だ。季節的にも当然南風なので今度は向かい風の中を走ることになる。そして昨年に続いて今年も西寄りの南風なので、かすみがうら市からゴールの土浦市へのほぼ真西へ向かうコースも苦労しそうだ。

午後に入るとさらに気温が上がる。後から知ったんだけどこの日の最高気温は36℃だったとか。水分補給してもすぐに汗になって流れ出てしまっている感じだ。

炎天下を走りようやく土浦市街へ到着。まだ3時半なので公園の木陰で一休みしてから4時ジャストにホテルにチェックイン。

今回利用したのはサイクリストに優しい「ホテルグリーンコア土浦」。何が良いって客室に自転車をそのまま持ち込みOK。めっちゃ楽。

シャワーを浴びて汗を洗い流し、ジャージ類を軽く水洗い(グリーンコア土浦ではフロントで洗濯用の角ハンガーも借りられる)してから夕食の調達ついでに土浦駅構内をしばし散策。

ホテルに戻りアルコールなど嗜みながらまったり過ごした後、明日に備え早めに就寝。

二日目に続く。

 - サイクリング

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
12 × 24 =