趣味 de 自転車乗り

きわめて個人的な自転車生活の記録をつづるブログ

*

霞ヶ浦一周の旅 一日目

      2022/07/06

かねてより準備していた茨城県の霞ヶ浦を一周するロングライド計画をこの週末の土日に実行することにした。

霞ヶ浦地図

霞ヶ浦地図

今回の計画は湖南端をスタートとゴールに設定、二日に渡って周囲を一巡りしようというもの。脇目もふらず休憩も最小限に抑えてただひたすら走れば一日で一周走れるとは思うんだけど、初めて行く場所ということで観光目的でもあるし、寄り道する機会が多いだろうと途中一泊して二日に分けることにした。

まだ梅雨明け前なので天候が気になるところだが、幸い今日明日は雨の心配は無さそうなので予定通りに早朝六時を少し過ぎた時間に出発。まずは輪行でスタート地点のJR鹿島線潮来駅へ向かう。

自宅の最寄り駅から京成線で成田へ向かいJRに乗り換え銚子方面へ。途中佐原駅で鹿島線に乗り換えJR潮来駅に着いたのが午前八時半頃。自転車を組み立て荷物を整理し出発準備が出来たのはそろそろ九時になろうかという時刻。輪行袋の出し入れはまだ手際が悪いのか結構時間が掛かってしまう。

JR潮来駅

JR潮来駅

出発準備完了

出発準備完了

今回の装備について。

自転車を使っての初の一泊旅行ということで普段より荷物が多くなるわけだが、季節的に背中に背負うタイプのバッグは出来れば避けたい。あれこれと検討して辿り着いたのが大容量サドルバッグだ。いくつかのメーカーから発売されている中から手頃な価格の TIMBUK2 ソノマ・シートパック を今回新たに購入。最小限の着替えと洗面道具、折り畳んだ輪行袋等を収納している。

以前から使用しているフロントバッグは万一に備えてのタイヤチューブ×2とWi-Fiモバイルルーターに各種充電機器やら交換用バッテリーやらを収納。トップチューブに付けたフレームバッグはチェーン錠とスマホ。これらに加えいつも使っているウェストバッグには財布等の貴重品とカメラ(ミラーレス一眼)や補給食など、使いたい時にすぐ取り出したい物を入れた。

ついでにお尻の痛み対策で先日購入したサドルカバーも装着。完璧だ(自画自賛)。

今夜の宿泊先として予約している土浦市のビジネスホテルのチェックイン時間が午後五時なので約八時間後だ。余裕で到着できるだろう……と言うかこのまま真っ直ぐ走りだしたら途中であちらこちら寄り道したとしても早く着き過ぎてしまいそうな予感。

せっかくなので出発地点の潮来駅周辺を暫し散策しつつ小一時間ほど時間稼ぎをした後、ようやくスタート。

しばらくは常陸利根川沿いを走る。霞ヶ浦はまだ少し先だ。

道が霞ヶ浦沿いに入る。走る道だけど、路面状態は良好で走りやすい。日頃路面がでこぼこのサイクリングロードを走ってる身としては非常にありがたい。ただし霞ヶ浦沿いの道は(一部を除き)遊歩道やサイクリングロードではなく普通に自動車も通る一般道なのであまり気を抜いては走っていられない。対向車や追い抜いていく車への注意が必要。交通量は少ないけど。

スタートから10kmほど進んだところでトイレついでに少し休憩することに。「風の塔」と書かれた建物で用を足し、少し先の天王崎公園で一服。

天王崎公園にて

天王崎公園にて

今回の出で立ち

今回の出で立ち

ボクの服装は……まぁ安物ばかりのコーディネートです 😳 

前述のように今回は「時間に余裕を持ち過ぎたかも」というスケジュールなので、自転車の速度も25キロを超えない程度にと意識的に抑え気味にしたんだけど、この日は風向きが東の風(東から西へ吹く)で走る向きが北西方面なのでやや追い風気味になり走るのがかなり楽ちん。サイコンで速度を気にしながら走らないとついついオーバースピードになってしまうことも。

天王崎公園を出て更に15kmほど進んだ頃にはそろそろお昼時、お腹も空いてきたので霞ヶ浦ふれあいランド近辺でお昼休憩にする。隣接している「道の駅 たまつくり」の行方市観光物産館でお弁当を購入し湖沿いのベンチでいただいた。

霞ヶ浦湖岸広域案内図

霞ヶ浦湖岸広域案内図

ドライカレー弁当

ドライカレー弁当

ここ霞ヶ浦ふれあいランドのすぐ側に国道354号線が通る霞ヶ浦大橋があり、この橋を渡ると湖北端部分を大幅ショートカットして「かすみがうら市」へ行けてしまうのだけれど、近道はせず手(足?)を抜かずにちゃんと走って来ましたよ、一応。

虹の塔

霞ヶ浦ふれあいランドのシンボルタワー“虹の塔”

長めのお昼休憩を終え行方市を出発しようとしたのが午後二時頃。ビジネスホテルのチェックインまで後三時間だ。スマホで地図を表示し残りの行程を確認する。

……あれ?ちょっとノンビリし過ぎたかも?

行方市を出たあとは少しペースを早めることにする(汗

園部河口大橋

園部河口大橋

北上を続け最北端の恋瀬川河口を越えると今度は南下。正確には南東方向で風向きは変わらないから今度は若干向かい風になる。

しんどいけどさっきの霞ヶ浦大橋の対岸を越えれば走る方向はほぼ真西に変わり完全に追い風になる……はずなのでしばし我慢。

なんとか霞ヶ浦大橋対岸まで辿り着く。橋を越えて走る方向が西に変わったら予想通りの追い風で気持よく速度が出る。速度30キロ前後で約20kmの距離を走破し、初日のゴールとなる土浦市の市街地へ到着したのは午後四時少し前。宿泊先では自転車を室内に持ち込みたいので事前に輪行袋に収納する必要がある。なんやかんやで30分くらい掛かるだろうからまぁ丁度よいタイミングだったかなと。

ビジネスホテル湖北

ビジネスホテル湖北

今夜の宿「ビジネスホテル湖北」。お世話になります。

ホテルの駐車場の片隅をお借りして自転車を輪行袋に収め、無事午後五時にチェックイン。この日の走行距離は(スタート前の潮来駅周辺の散策も含め)ジャスト100km

チェックイン後、まずは何よりも汗を洗い流したかったのでシャワーを浴び、今日一日着たジャージとアームカバーを洗面所で簡単に水洗い。エアコンの効いた室内でひと晩乾かせば明日また着用できるだろう。

持参したTシャツと短パンに着替えて今夜の食事の調達に出掛ける。ホテル近辺は食事のできる店が意外に見当たらないので近所のスーパーでお弁当などいろいろ買い込む。アルコールも少々 😉 

今夜はゆっくり休んで明日に備えます。二日目に続く

 - サイクリング

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
29 − 16 =