趣味 de 自転車乗り

きわめて個人的な自転車生活の記録をつづるブログ

*

初日の出ライド2016 その一

      2018/03/20

2016年元日、ロードバイクで初日の出を拝みに関東最東端の千葉県銚子市へ行った時の記録その一。深夜から早朝にかけての往路編。

年が明けてすぐの深夜0時半ごろに自宅を出発。以前の投稿でも書いた様に、今回はアップダウンのキツさや他の車への注意が必要な最短ルートは避け、遠回りになるけどサイクリングロード(以下CRと略)メインのルートを選択。

まずは印旛沼CRへ。予想通り深夜のCRは真っ暗なので、自転車本体とヘルメットに装着したライト計3つを全て点灯させる。うん、これなら路面状態も十分に確認できて安心。

明るさ的には問題ないけど、自分以外誰もいないのでちょっと恐い……。周りの景色が見えないから今自分がどの辺りを走っているのか把握できないこともあり、普段昼間走る時より異常に距離が長く感じた。

西印旛沼から北印旛沼、さらに長門川沿いを走り印旛郡安食へ到着。そろそろ最初の休憩がしたいところ。利根川CRに入ってすぐの休憩所でトイレ休憩。用を済ませ再出発。次の目的地(休憩ポイント)は約28キロ先の佐原市「佐原道の駅 さわらっこ千花」。

今回利根川CR主体のルートでホント正解だった。川沿いなので予想通り極端な上り下りは無いし運良く無風だったこともあり快適に走れた。快適すぎてつい速度が上がりそうになるので意識的に速度は抑え気味で走った。時間的に余裕を持たせてあるので、速度を上げて早く付き過ぎるのを避けるため。それともう一つ、行きで頑張ると帰りでバテるという昨年の教訓を活かすため(笑)

身体的に快適ではあったんだけど印旛沼CRの時と同様に利根川CRでも周囲の景色が変わらないので、このまま真っ暗闇の中をゴールがないまま延々と走るのでは?と、つい不安な気分になる。他に誰もいないし携帯音楽プレーヤー等を持参してスピーカーで音を鳴らすとか、気が紛れるような対策は必要だったかも。

佐原道の駅 さわらっこ千花」で二度目の休憩。全行程の半分以上来たことに。

利根川CRは銚子市街までは続いておらず佐原道の駅から24キロくらいまででCRは終了なのでそこから先は国道356線「利根水郷ライン」を走る。一部道幅が狭い区間があり、元日早朝なので深夜の割に車の量が多くてすぐ横を通る車が怖いけどしばらく我慢して銚子市街付近まで来ると道幅が広がりかなり走りやすくなった。

国道356線の終点を過ぎ、JR銚子駅付近まで来たところで空が薄っすら明るくなってきた。ゴールまであともう少し。

県道244号線をひたすら東へ進み、迷わないよう予めGoogleマップのストリートビューで確認しておいた細い路地に入って目的地の「銚子市黒生漁協漁業協同館」前に到着したのが午前6時少し前。

夜明け前の銚子の海

夜明け前の銚子の海

走行距離約100km、所要時間約5時間半で無事走破。

 - サイクリング

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
34 ⁄ 17 =